てんむすのいろんな話

マンション・車・SNS・身体の話などをしています

中古マンションを内覧するとき、必ず見ておきたいポイント!

中古マンションを購入する一番のメリットは、物件を実際に確認できることです。ネット検索や不動産情報誌などで希望にかなう物件が見つかって見に行くとき、どんなところに気をつけて見ればいいのでしょうか?

 

私が中古マンションを購入した経験から、後で後悔した話も含め、物件を見る時のポイントをご紹介させて頂きます。

 

f:id:tankakanta:20170730071108j:plain

 

水回りをチェックする!

毎日使うキッチン・トイレ・バスルーム…このような水回りは必ずチェックしたい場所です。購入し、実際に住みはじめてから後悔しないようにしておきたいですよね。入居前にリフォームすることも考慮し、念入りにチェックするポイントをまとめました。

 キッチン

高さが自分が料理をするときなどに、高すぎたり低すぎたりしないか?

実際に立ってみて確かめましょう。

 トイレ

 便器の汚れはどうか?

入居前にクリーニングをしますが、他の人が使っていたものをそのまま使うのはちょっと…と抵抗がある場合には、便座だけを変えるという方法もあります。

リフォーム時、壁紙や床のクロスの張り替えのために便器の着脱代が発生します。どちらにしても発生する費用なので、私は安い物を探してもらい、便器も変えてフルリフォームしました。

 バスルーム

カビが発生していないか?バスタブの下の状態はどうか?シャワーの状態はどうか?

バスタブが古くて変えたいと感じた場合、リフォームの際に、サイズが会わないため壁をいったん壊さなければいけない場合があります。

 洗面台

 洗面台の下の洗剤などを入れる扉の中の状態はどうか?

リフォーム時、洗面台もクロスの張り替えのために着脱代が発生します。状態が気になるようなら、新しい洗面台に変えることも考えましょう。

 

 

   水廻りの寿命は15年~20年といわれています。20年を経過している物件は、特に内覧するときに気をつけてチェックしましょう。そして、リフォームをする場合はどうなるのか?気になることは不動産屋さんに聞き、後で後悔のないようにしたいものです。

 

 日当たり と 窓 を確認する!

 物件の確認は必ず昼間に行き、日当たりを確認しましょう。すべての部屋の電気を消してもらうことで、部屋の中の明るさや日当たりが確認できます。

窓のチェックは特に重要です。すべての窓を全開にしてみると、風通しのチェックもできますし、窓や網戸の中で、開け閉めが不自由なものがないかもチェックできます。私の場合、網戸の有無の確認はしたのですが、実際に開け閉めまではしていなかったため、入居して初めての夏にリビングの網戸の1つが、開けたり閉めたりする時によく外れたり動かなくなったりして困りました。それで、リフォームをしてくれた業者に見てもらうと交換するしかないと言われました。たまたま建材関係に詳しい知り合いに見てもらったら、修理をしてくれ無事に直りました。"網戸本体が歪み、サッシ側のレールも歪んでいた"とのことでした。

 

f:id:tankakanta:20170729234123j:plain

 

バルコニーに実際に出てみる!

バルコニーに実際に出てみて、洗濯物を干すための「物干し竿ホルダー」がついているか?も確認しましょう。さらに、建物の周りを見渡し、周辺の様子も確認しましょう。

私の場合、リビングとバルコニーは南向きにこだわっていました。洗濯物を干すときの日当たりもよく、冬でも日当たりがいいと気持ちよく過ごせて快適です。是非、バルコニーがどの方角なのかもチェックすることをおすすめします。

  

f:id:tankakanta:20170730164657j:plain
 
 中古マンションには必ずと言っていいほど購入後にリフォーム費用がかかります。(リフォーム済のマンションは別です)
 
今回は、主な3つのポイントをご紹介させて頂きましたが、他にも、玄関ドアに網戸はついているか?ゴミ置き場はどこにあるのか?などもチェックしておくことをおすすめします。
 
私の場合、上記で紹介した「入居後に網戸の1つが開け閉めがうまくできなく困った」こと以外にも、「柱にキズがあり、色が少しはげていた」ところもあり、入居後に塗って補修してもらいました。
そのようなことを防ぐために、1つの方法として、友達やマンションの購入経験のある知り合いに同行してもらうのもおすすめです。別の目線で見てもらえるので、自分だけでは気づかない良い点や悪い点が分かる場合があります。私も友達や父に同行してもらいました。それでも網戸のことには気づかなかったわけですから、どうか…納得がいくように、よく物件を見るだけでなく実際に触ってみて、後悔のない中古マンション探しのお役に立てれば幸いです。
 

6万戸超の新築マンション価格表がわかる【住まいサーフィン】

 

お題「ちょっとした贅沢」